フランスのカジノの入場可能年齢は?

飲酒・喫煙・ギャンブル等が何歳からできるかは、国によって異なります。例えば日本の場合は飲酒・喫煙・ギャンブルは基本的に20歳以上からです。一方外国の場合、飲酒や喫煙ができる年齢とカジノに入場できる年齢にズレがある場合があります。例えばラスベガスのあるネバダ州は18歳から喫煙は可能ですが、入場できるのは21歳からとなっています。

オンラインカジノ初心者必見!便利なビーナスポイント対応オンラインカジノ(VenusPoint)の記事はこちら

ではフランスの場合はどうなのかというと、飲酒や喫煙は18歳から可能です。そしてカジノへの入場も、18歳以上なら可能となっています。以前はフランスも21歳以上でなければ入れなかったのですが、法律の変更により制限が引き下げられたのです。

なおカジノでは多くの場合、入場前にパスポートなどの身分証明できるものを見せる必要があります。特にフランスの場合は、入場前に指紋認証も行うなど、入場検査が厳しいことで知られています。入場した後も場合によっては年齢確認される場合があるので、常に身分証明できるものは持ち歩くようにしましょう。

さらにカジノの場合、年齢制限より下の人は基本的に入ってはいけないことになっています。場合によってはゲームをプレイしていなくても、会場内にいるだけで罰金などにつながる恐れがあります。間違っても子供と一緒に入場することのないようにしましょう。