フランスのカジノは運営者に高い税金がかかります

フランスでは、貴族による社交界の一部としてカジノが発展してきた経緯があり、主要都市ばかりでなく地方都市にもカジノはよくあります。ゲームとして楽しむ娯楽性を重視する傾向があるのです。

フランスにおけるゲーミングカジノの特色は、粗収益に対する課税の金額が高いことにあります。基本的な考え方は、事業者の売上に対して課税することです。段階的累進課税を一定の課税率で算出することになります。実効税率に換算して50%から60%の税金をかけているのです。

利用者に対する税金としては、印紙税をテーブルゲームをする際に出させたり、フランスでは入場する際に入場料を取ることで税金を課しています。利用者の負担はこれぐらいで獲得金から控除されることはありません。

日本人が、フランスのカジノを利用して獲得した利益の場合どうなるのでしょうか。税金を差し引かれることはありませんが、日本では賞金は一時所得になります。50万円の所得控除がありますから50万円以上の獲得金があった場合は確定申告での申告を要することになるのです。

なお、高額な賞金については小切手で清算が行われることになっているので通知が課税当局に送付されますので税務署から問い合わせがあることが多いです。申告は忘れないようにしましょう。
オンラインカジノ初心者におススメの注目のワンダリーノカジノの評価評判/口コミレビューの記事はこちら