今注目のオンラインカジノで勝つ方法&勝ち方の法則←こちらの最新記事もチェック
カジノとはルーレットやブラックジャック、ポーカー等のゲームにお金を賭ける施設のことで、日本でいう賭場のような場所です。フランスでは18世紀頃、前身となる賭博施設が上流階級の中で流行り、その後フランス革命によって立憲君主政治が崩壊したため庶民へも広がっていきました。

その後瞬く間にフランスで流行しましたが、カジノ場に入場する際の服装に決まりはあるのでしょうか。今回はフランスでカジノ場に行くときの服装に決まりはあるのか、チェックしてみましょう。

フランスには首都であるパリや観光客の多いコートダジュール地方などさまざまな場所にカジノ場があります。いずれの施設でも服装について厳しいルールは特になく、Tシャツやジーパン、運動靴などでも入場することができます。

一部の施設では、サンダルやかかとのないスリッパを履いての入場はマナー違反としているところもあるので、ラフ過ぎない服装をおすすめします。また、イカサマ防止のためサングラス・帽子・ロングコート・大きなバッグなどは禁止されているので注意しましょう。

このように施設によってさまざまなルールが設けられているので、施設のルールを事前に把握し、気持ちよく入場できるようにしましょう。

飲酒・喫煙・ギャンブル等が何歳からできるかは、国によって異なります。例えば日本の場合は飲酒・喫煙・ギャンブルは基本的に20歳以上からです。一方外国の場合、飲酒や喫煙ができる年齢とカジノに入場できる年齢にズレがある場合があります。例えばラスベガスのあるネバダ州は18歳から喫煙は可能ですが、入場できるのは21歳からとなっています。

オンラインカジノ初心者必見!便利なビーナスポイント対応オンラインカジノ(VenusPoint)の記事はこちら

ではフランスの場合はどうなのかというと、飲酒や喫煙は18歳から可能です。そしてカジノへの入場も、18歳以上なら可能となっています。以前はフランスも21歳以上でなければ入れなかったのですが、法律の変更により制限が引き下げられたのです。

なおカジノでは多くの場合、入場前にパスポートなどの身分証明できるものを見せる必要があります。特にフランスの場合は、入場前に指紋認証も行うなど、入場検査が厳しいことで知られています。入場した後も場合によっては年齢確認される場合があるので、常に身分証明できるものは持ち歩くようにしましょう。

さらにカジノの場合、年齢制限より下の人は基本的に入ってはいけないことになっています。場合によってはゲームをプレイしていなくても、会場内にいるだけで罰金などにつながる恐れがあります。間違っても子供と一緒に入場することのないようにしましょう。

カジノの場合、場所によっては厳格にドレスコードが定められており、男性はネクタイ・ジャケット、女性はイブニングドレス・ハイヒールでなければいけないという場所もあります。フランスには全国各地にカジノがありますが、そこまで厳格にドレスコードが定められていない場合がほとんどです。そのため気軽に遊びに行くことが可能です。

フランスのカジノの場合、Tシャツ・Gパンでも入場可能な場合が多いです。一方フランスのカジノは明確にドレスコードは定められてはいないものの、入場できない服装はいくつかあります。まず避けなければならないのが、かかとのない靴です。サンダル・スリッパなどかかとのない靴の場合は入場できない場合があるので注意しましょう。

オンカジ最新情報はこちら→嬉しい!JCB対応オンラインカジノ(クレジットカード)

また肌の露出が多い場合も入場を制限される恐れがあります。例えば短パン・タンクトップ等が挙げられます。さらに入場出来た後も、注意が必要です。プレイ中に帽子をかぶっていたり、サングラスをかけていることはマナー違反と捉えられます。ゲーム中は帽子・サングラスは外すようにします。なおこれらの服装の規定は男女ともに共通しています。基本的にドレスコードは自由ですが、肌の露出が多い服装だけは避けるように心掛けます。

フランスカジノグループというのは存在しているわけですがこれはそういう企業体があるということであり、実はそんなに大きくもないです。高級カジノということでもない場合も多くありますのでそこまで気にすることではないでしょう。フランスにも多くの高級カジノがあるのですが、そうしたところを除けば基本的にはゆったりとした雰囲気の中で気軽に遊ぶことができるようになっているのです。

しかし、入場の際には厳しいセキュリティチェックがあるというのは当然になりますのでその点だけは覚悟しておきましょう。厳しい身分証明行為などは当然の事として、指紋などのチェックなどもしっかりと行われる事になりますので覚悟するべきです。

エコペイズEcoPayzの入金方法です(カード/ビットコイン/海外送金)の記事をまだみてない方はこちらもチェック

未成年者は当然のこととしてブラックリスト化されてしまっている人などの侵入を阻止することということになっているのでこれは大変なことになります。しかし、一見の観光客などであれば殆ど関係ない事になりますから、そんなに心配する事はないです。フランスのカジノ業界というのは小売業などもやっていることがあり、そういう意味において中で色々な物が販売されていたりするのですが、そうした事も含めて楽しむ事ができます。高級カジノは間違いなくドレスコードがありますがそうではないところは気軽な服装で入ることが可能です。

フランスにはパリやカンヌ、ニースなどの主要都市にカジノを設置されています。一部の高級カジノを別にすれば、ゆったりとした雰囲気が流れる中で気楽に遊ぶことができるというのが目立った特徴です。しかしカジノへ入るときは、厳しいセキュリティーチェックを受けなければなりません。身分証明書の提示はもちろん、指紋のチェックが行われところがあるほどです。その趣旨としては、未成年者や、入場を止められているブラックリスト搭載者の入場を防ぐため、というものがあります。ですからパスポートは絶対にわすれていけません。

フランスの人気ゲームはルーレットが一番です。そもそも19世紀にフランスで現在のルーレットの形式が完成したいきさつもあるから思い入れにはひとしおのものがあるのです。続いて、ポーカー、ブラックジャック、スロットとなっていきます。入場料は基本的には無料ですが、一部、料金がかかってくるところもあります。ドレスコードは厳しいものはありません。Tシャツやジーンズでも入場できます。しかし、かかとがないスリッパやサンダル、あるいは短パンやタンクトップなどは、場所によっては入場を断られる可能性もありますので、避けるのが賢明でしょう。
この記事は人気記事です→カジノVIPルームの賭け金はいくらか?ハイローラーの利用方法条件とは?