フランスでカジノへ行くときの服装って?

今注目のオンラインカジノで勝つ方法&勝ち方の法則←こちらの最新記事もチェック
カジノとはルーレットやブラックジャック、ポーカー等のゲームにお金を賭ける施設のことで、日本でいう賭場のような場所です。フランスでは18世紀頃、前身となる賭博施設が上流階級の中で流行り、その後フランス革命によって立憲君主政治が崩壊したため庶民へも広がっていきました。

その後瞬く間にフランスで流行しましたが、カジノ場に入場する際の服装に決まりはあるのでしょうか。今回はフランスでカジノ場に行くときの服装に決まりはあるのか、チェックしてみましょう。

フランスには首都であるパリや観光客の多いコートダジュール地方などさまざまな場所にカジノ場があります。いずれの施設でも服装について厳しいルールは特になく、Tシャツやジーパン、運動靴などでも入場することができます。

一部の施設では、サンダルやかかとのないスリッパを履いての入場はマナー違反としているところもあるので、ラフ過ぎない服装をおすすめします。また、イカサマ防止のためサングラス・帽子・ロングコート・大きなバッグなどは禁止されているので注意しましょう。

このように施設によってさまざまなルールが設けられているので、施設のルールを事前に把握し、気持ちよく入場できるようにしましょう。